国内随一のBI(ビジネスインテリジェンス)専業ベンダー

TEL:03-5422-8477

  • TOP>
  • イベント>
  • 【ウェブセミナー】データ活用成功の秘訣はお客様との伴走~「カスタマーサクセス」でお客様のデータ活用を成功へ導く~

【ウェブセミナー】
データ活用成功の秘訣はお客様との伴走
~「カスタマーサクセス」でお客様のデータ活用を成功へ導く~

イベント・セミナー

2021.03.19

セミナー概要

このセミナーは、オンラインセミナー(ウェブセミナー)となります

データ活用を取り組もうとされる際に、多くのお客様がどのように活用したらよいのか?また、自身が初めて使うツールを使いこなせるのか?といった不安を持たれるのではないでしょうか。

 

お客様ご自身でデータ活用を推進するためには、ツールの機能が重要な点はもちろんですが、お客様自ら活用して成果を出していただくためにどのように寄り添って伴走していくのか。

ジールとウイングアーク1stでは、そのような観点も重要ではないかと考えています。

 

MotionBoardを導入し、データ活用をおこなっているお客様からは
『製品選定時の提案はもちろん、導入後の活用・定着化までの手厚い支援サービスが大きなポイントとなりました』
といった、ツールの機能以外のポイントをあげられるお声をいただく事があります。

 

ジールとウイングアーク1stでは、お客様に実践的にデータ活用を行って頂けるための支援を重要視しており、ここがデータ活用の成功のポイントだと考えております。

 

本セミナーでは、データ活用をツール視点ではなく、お客様自らで活用・定着化していただく伴走型支援の視点で成功へ導いているウイングアーク1st Customer Success部とジールでMotionBoard導入支援チームに所属していたメンバーから、お客様ご自身でデータ活用が出来るようになっていただくことを支援する取り組みについて、導入頂いているお客様の声を交えてご紹介致します。

 

また、ウイングアーク1st Customer Success部が実際にMotionBoardを利用して、どのようにしてお客様の活用・定着化に役立てているのかについてもご紹介いたします。

アジェンダ

15:15

受付開始

 

 

15:30

セミナー開始

 

 

15:30~15:50
第1部 データ活用の始め方とデータ活用の成功方法とは

データ活用の始め方がわからない、ツールを購入したものの使いこなせていないといった相談を多く受けてきたジールだからこそわかるデータ活用の成功の秘訣とは。

データ活用のよくある課題から、データ活用の実践事例までを、MotionBoardのSE経験をもつプリセールスからご紹介を致します。

 

<講師>
株式会社ジール
ビジネスディベロップメント部 栗原 和音

 

 

 

15:50~16:20
第2部 ウイングアーク1stがお客様を成功に導く「カスタマーサクセス」とは

ウイングアーク1stはツールを導入して終わり、ではなくお客様が自らデータ活用をして成果を出していただけるよう、専任のカスタマーサクセスマネージャ(CSM)による伴走型支援サービスを提供しています。
本セッションでは支援の内容や、成功のポイントを実際の事例、そして実際にカスタマーサクセス活動の一環でMotionBoardでのデータ活用を行っている「CSuP」について紹介します。

 

<講師>
ウイングアーク1st株式会社
Customer Success部 幸田 泰一郎氏

 

 

 

16:20~16:50
第3部 データ活用ケースに合わせたウイングアーク1st製品とジールサービスの紹介

データ活用のケースに合わせたウイングアーク1st製品の組合せ利用と、ジールの伴走型サービスのご紹介を致します。

 

<講師>
株式会社ジール
ビジネスディベロップメント部 栗原 和音

 

 

質疑応答

投票によるアンケート、個別のご相談をお受けいたします。

セミナーお申込みは、以下の 「お申し込みはこちら」ボタンよりお願いいたします

皆様のお申込みを心よりお待ちしております。
なお、パートナーおよび競合企業の方のお申込みはご遠慮いただいておりますので予めご了承くださいませ。

 

 

開催概要

本セミナーはWebセミナーとなります。

ツールはZoomを使用致しますので、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

日時 2021年3月19日(金)15:30~17:00
主催 株式会社ジール
共催 ウイングアーク1st株式会社
お問い合わせ 株式会社ジール
イベント・セミナー担当:佐藤

ご相談・ジールに関するお
問い合わせはこちらから
contact

↑