「ジールに頼んでよかった」という感動を、
1社でも多くのお客様へ。

眼鏡屋の販売員からSEへ。
コミュニケーション力が役立っています。

前職では眼鏡屋で働いていたのですが、サービス業はシフト勤務で休みも不定休。丸3年勤めた頃に転職先を探すようになりました。そこで出逢ったのがジール。決め手になったのは、BIやCPMで業界をリードしている点。ベンダーから何度も表彰されているほどなんですよ。自分もそこに携わりたいと思い入社を決意しました。ITってカタいイメージがあったのですが、ここは社長や経営層を含め社員がみんなフランク。ざっくばらんに話ができるのは嬉しかったですね。1ヶ月間の研修があって、ビジネスマナーからデータベースの基礎まで学べますし、現場に入ってからも先輩や上司から学べる環境なので未経験でも不安はありませんでした。意外にも、前職での接客やスタッフとのコミュニケーションで培ったことが現在の仕事にも活きています。

期待値を超える製品でお客様に感動してもらいたい。

私が担当しているのは、CPMという経営の意思決定に欠かせないシステムの導入支援。予算策定や予算と実績を比較する予実分析などを見える化することで、経営判断をスムーズに行えるようにするものです。提案段階で製品のデモをしたり、導入が決まったあと、導入に向けてプロジェクトをマネジメントするのが私の役割。お客様が実現したいことをお伺いしながら、業務フローに合うようにシステムを調整していきます。前職のときもそうだったのですが、やはりお客様に喜んでいただけるのが一番嬉しいですね。お客様の期待値を超えるものを提供できると、そこに感動が生まれます。どの案件でも、そこを目指して仕事をしたいと常々思っています。あるお客様に事例発表の場でスピーチいただいた際、名指しでお褒めの言葉をいただけたことが非常に印象に残っています。

大きな失敗をしたとき、上司からの1通のメールで救われました。

今でこそリーダーを任されていますが、大きな失敗も経験しました。まだ入社して間もない頃、ある大きなミスをしてしまったことがありました。初めてのことでしたが、普段温厚な上司に叱られ、非常に落ち込んでいたんですね。そこに、上司から1通のメールが。「失敗をするのはよくあること。戻ってやり直すことはできないけれど、失ったものを取り返すことは、今からでもできる。まじめにその仕事をやっていきましょう」と。その言葉に救われました。失敗と向き合うスタンスを学んだターニングポイントですね。今後はその経験をメンバーにも伝えながら、目標数字を達成し、事業部全体を盛り上げられる人になりたいです。そして、「ジールにしてよかった」と言っていただけるお客様を1社でも多く増やしていきます。

PRIVATE PHOTO

メンバーとキャンプへ行って焚火を見ながら一晩語り合います。

同じチームの新卒メンバーと仲が良くて、男2人で道具を一式揃えて、よくキャンプに行っています。特に何をするでもなく、焚火を見ながらご飯を食べて、仕事のことからプライベートのことまで一晩語るってことをけっこうやっています。行くのは、富士山のふもとだったり群馬だったり。次はどこに行こうか、何をしようかといつも楽しく計画しています。
普段仕事で見ることのできない側面や考えをお互い素直に話して感じられる機会なので、こういった場をこれからも大事にしていきたいですね。