未経験でも活かせる力が絶対にある
そう思わせてくれる人と環境

高校教諭からの転身。
2年でプロジェクトリーダーに。

新卒で高校の理科教諭になったのですが、ぐんぐん成長していく生徒を見ていると自分ももっと学びたいと思うようになり転職を決意。まわりには反対されましたが、「民間企業でしか身に付かない力がきっとある」と、思いきって退職。ITを通して様々な業界の方と一緒に仕事ができるのではないかと思い、IT業界に絞って転職活動をしました。その中で、他社と比べて現場、人事、管理職の方がダントツで優しく話しやすかったジールに入社を決めました。実際に、ジールは日常的に上司と話す機会が多く、自分のことをよくみて理解してもらっているなという安心感があります。そのおかげか、2年目にしてプロジェクトリーダーを任せてもらえることに。今までに、大手スーパーの売上管理システムや、製造業の品質管理システム、集客施設の顧客分析システムなどを担当しました。高校教諭をしていたら絶対に出会わなかった人や企業と関わることができて楽しいです。最近では、経営層の方々と打ち合わせをする機会があり、社長から生で経営戦略を聞くことができて刺激を受けました。

教育業界のIT化を題材にしたアイデアで、ビジネスコンテストに応募。そして、決勝進出。

BIツールって、蓄積したデータをより視覚的に表現することで直観的な気付きを与えて、意思決定を早めるもの。センサーを使って新たにデータを取得し可視化したい、貯めてはいたけど活用していなかったデータを共有・分析したいなど、お客様の要望に応えるために勉強することがたくさんあるなと日々感じています。そんなの中、もっとスキルアップしたいと思いデータ活用をテーマにしたビジネスコンテストに応募してみたところ、なんと100チーム以上の中から決勝5チームに残ることができたんです。正直、まだIT業界に入ったばかりでIoTやAIなどのトレンドで勝負するには自信がなくて。私にしか出せないアイデアって何だろうって考えたときに、教育業界のペーパーレス化とデータ活用を題材にしようと思いました。前職で教頭先生が書類の山に困っているのを目の当たりにしていたので(笑)未経験でもアイデアで勝負できるんだという自信につながりました。

お客様との打ち合わせで、トレーニングで…「わかりやすく伝える力」を武器にしたい。

教員時代に培った「わかりやすく伝える力」をもっと伸ばして、武器にしたいです。授業で同じ言葉を使って説明しても、生徒によって頭に思い浮かべていることは違う。これって、大人でも起こると思うんです。シンプルな言葉で伝えること、相手になじみのある言葉で伝えること、具体例を出して伝えることなどの工夫が大切だと学びました。お客様にとって分かりにくい言葉を使っていないか敏感になり、絵や図を使ってイメージを共有するように努めることは、IT未経験で入社したからこそできることだと思います。話が通じるってお客様の安心感や信頼につながる大切な要素。これからもっと、お客様との打ち合わせで、プロジェクトの課題管理で、お客様へのトレーニングで、プレゼンで、「わかりやすく伝える力」を発揮していきたいです。あと、スキルを磨いていつか高校からゲストティーチャーとして呼んでもらえるような人になれたら面白いですね。

PRIVATE PHOTO

3年ほど前から合唱団に所属し、週1日、仕事帰りに練習に通っています。

高校生の頃に合唱をしていたのですが、久しぶりに会った友達が合唱団の練習に誘ってくれて。参加したら楽しくてそのまま入団しました。毎週火曜の夜7時から練習なので、仕事帰りに参加しています。火曜日は仕事の集中力も高まりますね。定期的に発表会もあって、先日も宮沢賢治さんの曲や、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の曲を歌いました。心がけているのは、楽しくやるということ。じゃないと続かないですから。