Management Accounting Platform(MAP)

「機能選択型」 ×
「多店舗・多部門対応」
 

より広範囲の管理会計・分析業務を
カバーできる統合プラットフォーム
 

こんな企業におすすめ

このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

今の予算管理や分析業務に課題はあるが、正解がわからない。あるべき形を示してくれるソリューションが欲しい企業

予算管理と融合した、販売分析、仕入・在庫の見える化、プロジェクト採算管理などを行いたい企業

拠点数や店舗数の多いため、これまで予算管理システムの導入に踏み切れなかった企業

予算や計画の精度向上のため、より細かい明細単位での計画を行いたい企業

PBCS(OracleEPM)導入済みで、親和系のある分析基盤の導入に進みたい企業

  • BI・DWH・EPMの融合により、予算編成~予実管理、販売分析、その他社内外・広範囲のデータを取り込み、同一プラットフォームで管理できるため、様々なシステムをまたいだデータ管理が不要
  • EPMのデータ入力画面に加えて、ウェブ入力画面を提供することで、これまでよりも幅広いユーザーに入力機能を提供することが可能
  • 定性情報などを含んだ明細単位の計画を行うことが可能
  • 機能選択型のため予算管理と販売分析から、将来的にその他の分析業務も取り込んでいきたいなど、小さく始めて徐々に拡張し、全社分析基盤と成長させることが出来ます

MAPのない未来

  • BI・DWHで構成されるデータ分析システムと分断されているため、さまざまな障壁が存在
  • 予実業務と関連性の低いデータや販売分析等の元になる明細データは、基幹システムに取り残されるか、別の分析システムが必要
  • 部門数や拠点(店舗)数の多い企業にとって、ユーザー課金の予算管理システムでは、費用負担が大きい

MAPのある未来

  • 統合されたプラットフォームにより、運用負荷とコストの削減
  • 取引単位や明細単位な詳細計画を統合することによる予算/計画精度の向上
  • 予実だけではない、社内外のあらゆるデータをモニタリングしていくことが可能
  • さらに、システムを変えることなくあらゆる分析業務に拡張が可能

コンセプトとメリット

コンセプト

  1. BI・DWH・CPMの融合により、予算編成~予実管理、販売分析、その他社内外広範囲のデータを取り込み同一プラットフォームで管理し、様々なシステムを跨いだデータ管理が不要
  2. EPMのデータ入力画面に加えて、新規WEB入力画面を提供。大量ユーザー利用時などで、システム利用のランニングコストを抑えることが可能
  3. 定性情報などを含んだ明細単位の計画を行うことが可能
  4. 予算管理と販売分析から、将来的にその他の分析業務も取り込んでいきたいなど、小さく始めて徐々に拡張し全社分析基盤と成長していく

メリット・強み

メリット・強みイメージ
  • 各種システムをデータ統合することで管理会計および分析へ繋げる。財務・売上明細(POS等)を取り込み参照する明細単位の分析を実現
  • 統合性と柔軟性により、利用規模や事業規模に応じて常に成長していけるシステムを実現。またジールの伴走により最新ノウハウの提供も可能
メリット・強みイメージ
  • あらかじめ作成済みのプラットフォームを提供し、必要に応じて顧客ニーズに対応したカスタムを実施し、スピーディーな導入を実現
  • 単一システム構成ではなく、各種システムの組み合わせとし、顧客が必要な機能を選び構成することが可能

ソリューション概要

データの収集から蓄積、可視化・分析、意思決定までカバーします!

機能一覧

MAPは初期構築時から利用可能な機能を多数提供します!

  • 最適な戦略・施策の実行機能をサンプル提供
  • 予算・見込み編成機能イメージ
  • システムの運用・メンテナンスを円滑にする機能を提供
  • 管理機能イメージ
  • ダッシュボード機能や各種入力結果の参照用レポートをサンプル提供
  • 分析機能イメージ
  • ユーザーが各機能や業務へ素早くアクセスでき、カスタマイズ可能な機能を提供
  • ポータル機能イメージ

導入フロー

下記のイメージで導入作業を行います。

ご相談・ジールに関するお
問い合わせはこちらから
contact

↑