国内随一のBI(ビジネスインテリジェンス)専業ベンダー

TEL:03-5422-8477

MDMソリューション

マスタデータ管理

業務システムの元となるマスタデータとDWHとの効率的な関連付けや管理手法、マスタ管理システムをご提供します。

マスターデータに起因するさまざまな情報システムの問題が生じるのを未然に防ぐ、あるいは、より効果的にマスターデータを活用していくことがMDMソリューションです。

しかし、MDMは目的ではなく手段です。
MDMをやれば万事OKというものではありません。

それぞれの企業が抱えるマスターデータにまつわる課題を抽出し、その解決策としてMDMに取り組むことが求められます。
マスターデータに関連する課題を抽出する際には、いくつかの視点があります。その典型的なものが「経営」「業務」「システム」「データ」の大きく4つの視点です。
課題をより俯瞰して抽出するときに必要な視点が「経営」や「業務」です。MDMにはシステム運用や管理の効率化だけでなく、企業活動の非効率を排除することが期待されています。

しかし、MDMが本来効果をもっとも期待されているのは企業活動の随所に見られる課題の解決です。例えば製造業においては、今は正確に把握できていないグローバルの在庫情報を可視化したい、サービス業ならマーケットのスピードに追随するために、売上・契約情報の精度や即時性を向上したいといったといったことがあるでしょう。

そういった課題を解消するために調査を進めていくと、現在企業IT(システム、データ)に散見されるコード体系の不統一や、マスターデータがシステムごとに運用され整合性が取れていないといった問題に行き当たり、業務課題を解決する上でMDMの必要性を改めて確認することになります。そして一般的にMDMプロジェクトは中長期的に取り組む必要があるため、プロジェクトをいくつかのフェーズに分け、それぞれのフェーズでマスター統合のターゲットとする業務アプリケーション(CRMやBI、ERPなど)を明確にし、IT視点だけでなく業務を含めた効果測定を行うことが重要となります。

ジールのMDMソリューションでは、これらの課題を解決する導入方式を採用し、お客様に最適で効果的なMDMシステムをご提供します。

ご相談・ジールに関するお
問い合わせはこちらから
contact

↑