国内随一のBI(ビジネスインテリジェンス)専業ベンダー

TEL:03-5422-8477

  • TOP>
  • NEWS・イベント>
  • アイティメディア社の「キーマンズネット」および「TechTarget Japan」にジールのインタビュー記事が掲載されました

アイティメディア社の「キーマンズネット」および「TechTarget Japan」にジールのインタビュー記事が掲載されました

メディア掲載

2017年12月 05日

販売計画が部門間で不毛な議論に陥ってもう限界
高収益企業が実践する「予測」と「計画」は、貴社の仕組みと何が違うのか?

 

「販売とマーケの計画すり合わせに時間がかかる」――
その間も市場は動く。貴社がアジリティの高い経営判断で収益を最大化する企業になるには、ある仕掛けが必要だ。

 

かつて高品質を武器に世界中の市場を席巻した「Made in Japan」のモノ作り。しかし、グローバルでの競争が激化した今は「品質さえ良ければコストをかけても回収できる(売れる)」という時代ではなくなっている。「的確に消費者ニーズをつかみ、他社に先駆けて最小の財務リスクで市場に製品を投入するもの」が、企業間の競争で優位に立つ時代となった。収益の最大化には、サプライチェーンや為替などの状況を把握し分析する必要がある。日本企業は今、現代の市場環境に即した収益構造へと脱皮する必要性に迫られている。

 

そのためには、一体どんな取り組みが求められるのか? ここでポイントとなるのが予測と計画を連携することと、リアルタイムに部署間で連携することだ。どんな企業でも、需要予測、販売・生産計画は行っているだろう。しかし多くの場合、予測と計画の取り組みはばらばらで、互いの情報をうまく連携できていなかったり、場合によっては勘と経験と手作業によるExcel管理が標準になっていたりするだろう。収益向上の足かせはここにある。

 

数々の企業にCPM(企業業績管理)やBI(ビジネスインテリジェンス)、BA(ビジネスアナリティクス)などのソリューションを提供してきたジールの知見で、事業の予測と計画を連携させるためには、何が必要なのか?をお話させて頂きました。

 

是非、ご覧ください。

 

 

掲 載 日
2017年 12月 5日(火)

 

掲載ページ 
キーマンズネット   

TechTargetJapan
※記事を全文お読み頂くには、会員登録および簡単なアンケートが必要となります

 

 

記事に関するお問い合わせ先
株式会社ジール ビジネスディベロップメント部
担当:佐藤
141-0021 東京都品川区上大崎二丁目13番17号 目黒東急ビル 6階
TEL: 03-5422-8477 FAX: 03-5422-8714
MAIL: sales_info@zdh.co.jp

ご相談・ジールに関するお
問い合わせはこちらから
contact

↑