国内随一のBI(ビジネスインテリジェンス)専業ベンダー

TEL:03-5422-8477

  • TOP>
  • イベント>
  • 【ワタミ様 登壇】ワタミ株式会社が挑む!マーチャンダイジング改革とデータドリブン経営の実現

【ワタミ様 登壇】ワタミ株式会社が挑む!
マーチャンダイジング改革とデータドリブン経営の実現

イベント・セミナー

2019.11.29

ワタミ株式会社は、宅食・外食の生産・販売のみにとどまらず、農業・環境を手掛ける「6次産業モデル」を取り組まれており、現在、経営改革・フードロス削減の観点から「原料の製造から戦略を組み立てるマーチャンダイジング改革」を推進しております。

マーチャンダイジング改革実現による収益体制強化の一つとして、ITプラットフォームの再構築とデータ分析システム導入による経営管理の合理化を実践されております。

 

本セミナーでは、ワタミ株式会社の事例を通じ、マーチャンダイジング改革とデータトリブン経営はどうあるべきかを、ユーザ企業側視点中心に解説いたします。

アジェンダ

14:00~14:05
開催のご挨拶

 

 

1.14:05~14:45
経営を変えるITイノベーション

 

ワタミ株式会社では、マーチャンダイジング改革とデータトリブン経営を進めるにあたり、SCM領域で課題を抱えておりました。それは、長年にわたる業態フォーマットの創出と、M&Aによるイノベーションの買収(介護事業,宅食 事業)から、ITプラットフォームはパッチワーク的に繋ぎあわせて開発されてきたことからの非効率化でした。
本セッションでは、ワタミ株式会社が経営課題に対して、ITプラットフォームがどうあるべきか、どのように改革を実現してきたかをお話いただきます。

 

<講師>
ワタミ株式会社 経営管理本部 IT戦略部 本部長 若林 繁様

プロフィール
SI系企業にてSCM領域を基軸に、業務コンサルから大型/マルチベンダ開発まで一貫したSIを28年以上に渡り実施。2018年からは事業会社であるワタミ株式に入社し、エンタープライズアーキテクトとして経営戦略をバックアップできる統合ERP基盤の全体最適化を図る。

 

 

2.14:45~15:25
ネットワークBIによる新しいデータ管理&分析アプローチ Infor Birstのご紹介

 

多くの企業では既にデータ利活用の仕組みとしてBI導入がすすんでおりますが、BI導入ではかかせないDWH構築、データ準備、ガバナンス等の観点から苦労されている企業を多く見受けます。このような課題を解決する事が出来る「BI、DWH、データプリパレーションが一つのソリューションとなったInfor Birst」が、今年から国内販売を開始し致しました。ネットワークBIというコンセプトによりデータの集約管理と分散管理を両立させることができるマルチテナントベースの分析ソリューションであり、海外では既に1000社を超えるお客様で活用されており、国内でもリリース早々にワタミ様にも採用されております。本セッションではデモも交えながら、Infor Birst の魅力をご紹介します。

 

<講師>
インフォアジャパン株式会社
ソリューションコンサルティング本部 本部長 石田 雅久氏

 

 

15:25~15:40
休憩

 

 

3.15:40~16:20
データドリブン経営実現のためのツール選定のポイントと失敗しない導入手法とは

 

昨今、データドリブン経営実現の急務が叫ばれる中で、改めてデータ活用への注目度が高まっています。一方で、高価なDBアプライアンスや人気のBIツールを導入したにも関わらず、期待した成果が出せていない企業も少なくありません。こうした背景には、業務ごとに散在しているデータを横断的に収集・管理する仕組みがないまま、処理性能や操作性の良さを優先してツール選定をした結果、効果的なアクションプランを導き出せないといった構図があるように思います。
本セッションでは、データドリブン経営実現の成否を左右するツール選定のポイントと導入手法について解説いたします。

 

<講師>
株式会社ジール
ビジネスディベロップメント部 マネージャー 加藤 隆児

 

 

4.16:20~17:00
データドリブン経営の実践事例

ワタミ株式会社ではマーチャンダイジング担当主導の業務改革を行っており、経営の合理化にデータ分析システムを導入致しました。本セッションでは、ワタミ株式会社がマーチャンダイジング担当主導で、どのようにデータドリブン経営を実現しようとしているのか、実践事例を実際の画面を利用しお話いただきます。

 

<講師>
ワタミ株式会社 経営管理本部 IT戦略部 SCM担当 部長 黒川 大輔様

 

プロフィール
ワタミ株式会社入社し、3次産業の店舗運営からマネジメント、新業態の開発等に関わる。2次産業である生産部門では外食、介護、宅食事業の工場戦略・運営に携わる。一貫して現場主導を標榜してきた立場から、今回のMD改革においてSCMの導入担当となる。

 

 

17:00~17:30
QA・情報交換会

名刺交換・情報交換の場を設けさせて頂きます。

 

 

お申込みは、以下「お申込みはこちら」ボタンよりお願いいたします。

皆様のお申込みを心よりお待ちしております。

 

※パートナーおよび競合企業の方のお申込みはご遠慮いただいております

 

 

開催概要

日時 2019年11月29日(金)14:00-17:30(受付開始:13:30-)
会場 TECH PLAY SHIBUYA

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町20-17
NMF渋谷公園通りビル 8F

JR線、東京メトロ、東急線「渋谷」駅 ハチ公口から徒歩3分
定員 100名
参加費 無料(事前登録制)
対象者 経営企画部門、IT部門、MD部門、SCM部門、データ分析部門、各事業部門
主催 株式会社ジール
共催 インフォアジャパン株式会社

本セミナーのお問い合わせ先

株式会社ジール
イベント・セミナー担当:佐藤
TEL: 03-5422-8477

ご相談・ジールに関するお
問い合わせはこちらから
contact

↑