ミッション別・データ活用の課題とケーススタディ

データドリブンなビジネスが進まない背景には、社内外にあるデータがビジネスで利用できる状態に準備出来ていないという事があります。そこには、データのサイロ化によるデータ統合の困難さ、ETL処理の手間など、複数の要因があると考えられます。またリアルタイムデータを利用出来ない事が、意思判断を遅らせる要因ともなっております。
こうした課題を解消しデータ活用を加速するには、部門ごとのミッションに対しての課題を洗い出し、適切な解決策を講じる必要があります。具体的なケーススタディをもとに、データ仮想化がデータのサイロ化が生み出す複雑な課題を、素早く・容易に解決策をご紹介致します。
あなたの企業の課題解決にお役立てください。

Denodo導入事例

データ仮想化インタビュー

オンプレミスやクラウドなど、社内外の様々な場所に異なる形式でサイロ化・分散化したデータを、「戦略的な情報資産」として迅速に統合し、様々な視点による適切な分析をもって、事業経営に利活用することが求められています。そのために、データを取り巻く社内の部門は、自らのミッションを遂行するための有効な手段をどのように見つければ良いのでしょうか?データマネジメントのエキスパートによるインタビューからそのヒントを見つけてみましょう。

Denodoが実現するデータ仮想化とは?

データ仮想化概念図

企業のデータドリブン経営の実現に向けた喫緊の課題である「データ統合によるデータ活用の高度化」。これまで、データウェアハウスやデータレイクなどへETL(データソースからデータをコピーし、必要な変換・加工を行う)処理等の物理的な手法によって行われてきたデータ統合は、増大し続けるデータに対して、もはやコスト的にも時間的にも現実的ではなくなりつつあります。

この課題を、“物理的なデータ移動を行わず、メタデータを用いて論理的にデータ統合し、さまざまなデータ活用先に対してリアルタイムに必要な形で提供する”というアプローチで現実的な解決に導くのが、Denodoのデータ仮想化です。

Denodoプラットフォームは、高度なスキルを必要としない直感的なGUI操作によって、非常に短期間でのデータ統合・活用を実現します。また、コーポレートポリシーなどのガバナンスを効かせたロールベースでの権限管理やアクセス制限など、高度なデータセキュリティ機能を提供します。さらに、データの所在を容易に見つけるためのデータカタログ機能も標準で搭載するなど、データ統合だけでなく、データドリブン経営全般を実現するために必要な要素をワンストップですべて揃えたデータ活用ソリューションがDenodoなのです。

Denodo資料一覧

Coming Soon

最新セミナー情報

Denodoに関するご質問、
お問い合わせはこちら

お問い合わせフォームアイコンお問い合わせ