Incorta Enterprise Analytics

独自のDirect Data Mapping™テクノロジー
業務システムに格納されている膨大で複雑なビジネスデータを瞬時に活用できる、データ収集、格納、活用のすべてを包含したAll-in-Oneのデータ活用基盤です。

加速度的に変化する現代のビジネスにおいて、データ活用の課題は尽きることがありません。

データの検索やダッシュボード/レポート(帳票)の表示に時間がかかる、膨大で複雑なビジネスデータ(ERP/基幹システム等)を結合しなければならなので 開発生産性が悪い、既存のデータウェアハウス(DWH)のメンテナンス/チューニングが滞り、欲しいデータの入手が困難でパフォーマンスも悪い・・

これらの企業データを、容易に 柔軟に、思考の速度でのデータ・ディスカバリ&アナリティクスを実現するデータ活用の技術革新がIncorta Enterprise Analyticsです!

データ活用のパラダイムシフト

ERPやその他の業務システムにまたがる膨大で複雑なビジネスデータを活用するためには、これまで、データウェアハウス(DWH)やデータマートを構築したり、高額なアプライアンスサーバを導入してきました。このアプローチは、コストと時間と高度なスキルが要求されました。
Incorta Enterprise Analyticsは、リレーショナル・データべースは勿論、Hadoop、フラットファイル、各種業務アプリケーション等、幅広くデータソースに対応しています。データソースのメタデータ(値ではなく定義のみ)を取り込み、迅速かつ柔軟に論理的なスキーマ定義をおこなえます。
そして、Incortaのステージング・エリアにNo ETLでデータをありのままにロードします。データは高圧縮され、メモリ上に展開されます。DWHのように、スタースキーマといった事前定義は一切不要で、集計テーブルやキューブ等も作成する必要はありません。更に、データのリフレッシュ機能も備わっており、ほぼリアルタイムにデータを取り込むことができます。
ユーザは、パフォーマンスを徹底的に追及したDirect Data Mapping™テクノロジにより、短期間で容易に柔軟に思考の速度でデータ・ディスカバリ&アナリティクスを実現することができます。
ダッシュボード機能も充実しており、クライアントとしてWebブラウザ、Excel、モバイル、そして、必要に応じて外部BIとも連携(但し、機能制限あり)することが可能です。

結合(ジョイン)の数に依存しない高パフォーマンス:Direct Data Mapping™

一般的に、結合の数が増えると、パフォーマンスは劣化しますが、Incortaの場合は、結合の数が多ければ多いほど、その効果をより実感することができます。
例えば、レコード数:1,094,118,230件、結合の数:20以上で、取得時間:0.8秒を実現しました。

Incorta ユースケース

 

Performance ビジネス目的
・カスタマ360°
・サポート(保守)
・サプライチェーン 等
IT要件
トランザクションシステムからの複数の結合(ジョイン)
ビジネス目的
・セールス&マーケティング
・機械学習<
・予測モデル 等
IT要件
幅広いデータソースの対応
Access
Cost ビジネス目的
・クラウド移行
・柔軟なインフラ 等
IT要件
レガシーアプライアンス:AS/400、SAP HANA、Oracle Exadata、Neteeza、Teradata等の補完またはリプレース
ビジネス目的
・ファイナンス
・人事(GDPR)等
*GDPR:General Data Protection Regulation
IT要件
取引レベルのセキュリティが必要なデータ
Security

 

各種ドキュメント

BI・データ活用の相談窓口「Z-BISS」

どのBIツールを選べばよいかわからない…そんなときに。
無料で受けられるBI・データ活用の窓口サービス「Z-BISS」をご存じですか?

これからBIツールを検討したい・もっとBIツールを活用したいとお考えのでしたら、ぜひ、ジールのBI・データ活用の窓口「Z-BISS」をご検討ください。

無料で受けられるZ-BISS(ジービス)は、BIのスペシャリスト集団であるジールが最短2週間でお客様のデータ活用にぴったりなBI製品をお客様の立場で選定する画期的なサービスです。

BIツールの選択肢が増えた昨今、デモを見てもどの製品も良く思えて本当にどの製品が自社に合ったBIツールなのか判断が付かなかったという声を聴きます。

過去30年にわたり1000社を超えるお客様のBI・DWH構築で蓄積した経験をもとに、お客様のBIツール選定を支援します。

お客様が実現したいことに寄り添ったご提案をいたします。
少しでも気になることがございましたら、まずはジールまでご相談ください

Webでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム