国内随一のBI(ビジネスインテリジェンス)専業ベンダー

TEL:03-5422-8477

  • TOP>
  • NEWS>
  • ジールがビームスホールディングスの予算管理システム導入を支援半期ごとの経費実績の開示を月次に短縮

ジールがビームスホールディングスの予算管理システム導入を支援
半期ごとの経費実績の開示を月次に短縮

プレスリリース

2020年01月24日

 

PRESS RELEASE

 

2020年 1月24日
株式会社ジール

 

 

ジールがビームスホールディングスの予算管理システム導入を支援
ZEAL Oracle PBCSソリューションでタイムリーな経費開示を実現し、
経費実績の開示サイクルの短縮化と高度な経費管理を促進

 

企業マネジメントの生産性を革新するアバントグループにおいて、経営管理システムのコンサルティング事業を手がける株式会社ジール(本社:東京都品川区、社長:岡部 貴弘、以下:ジール)は、株式会社ビームスホールディングス(以下:ビームスホールディングス)の予算管理システム導入事例を発表いたします。

 

 

<予算管理におけるビームスホールディングスのご要望>
● 作業負担が限界に達していたExcelによる経費開示業務を効率化したい
● 半期に一度に行われていた経費開示を月次まで短縮したい
● ツールをベースに、業務プロセスの改革を推進したい

 

 

ジール独自のテンプレートでOracle PBCSの短期導入を実現。予算管理業務の改革推進へ

ビームスホールディングスにて顕在化していた課題は、Excelを用いた店舗や事業部の経費実績管理業務の負担増加でした。課題の解決に向け、同社は予算管理システムの導入を決断。複数ベンダーのソリューションを比較検討した結果、最終的に日本オラクル社の予算管理システムである「Oracle Planning and Budgeting Cloud(以下:Oracle PBCS)」を選定されました。

 

そして、今回の導入パートナーとしてジールを採用する大きな決め手となったのが、ジールが開発した予算管理のための汎用テンプレートである「ZEAL Oracle PBCSソリューション」の存在でした。
「コンサルティングをもとに一からシステム作り上げる形ではなく、ジールには、予算管理のための汎用テンプレートがありました。これをベースとすることで、システムの短期導入が可能となるほか、業務改革も実現できると考えました」(ビームスホールディングス ご担当者様)

 

 

 

<導入効果と今後の展望>

● ジールの支援のもとOracle PBCSを導入し経費開示業務を大幅に効率化
● ジール独自の汎用テンプレートの活用とサポートにより、タイムリーな経費開示が可能に
● 汎用テンプレートで予実管理までを見据えた将来的な業務改革への展望を策定

 

 

経費実績の開示を月次に短縮 「数字を見る文化」を社内に浸透させて予実管理の実現へ

Oracle PBCSの導入によって、同社では多くのメリットを享受できています。なかでも、これまでは3カ月ほどの遅延が生じていた半期ごとの経費実績の開示が、Oracle PBCSの導入後は、月次で開示ができるようになるなど、サイクルの短縮化を実現。このほかにも、従来は属人的な側面があった店舗損益表や事業部損益表の作成がOracle PBCSの導入により汎用化され、他の担当者に容易に引き継げるようになったことも大きなメリットだと評価しています。
また、今回のOracle PBCSの導入を契機として、経費実績の管理だけでなく、予実管理にも踏み出していく考えを固めています。導入当初は10だったアカウント数も25に増やし、各本部長に配布。経費の状況をその都度、確認してもらうなど、Oracle PBCSの活用により、売上や利益だけでなく、経費も含め多角的な視点で『数字を見る文化』を社内に浸透させていく方針です。

 

 

今後もジールは、ビームスホールディングスの経営戦略における適切な環境作り、ツールのご提供などさまざまな側面において、お客様のご要望を反映したサービスの充実を推進して参ります。

 

 

<本件リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社ジール 戦略営業部/佐藤
TEL:03-5422-8477

 

 

 

ZEAL Oracle PBCSソリューションとは
ジールの予算管理システムのノウハウを凝縮し、多店舗展開の流通・小売業の業務をテンプレート化したソリューションです。Excelからの操作を可能とする数々の機能を提供するほか、組織や店舗の追加・変更といったマスタデータのメンテナンスに関する作業を容易にするExcelシートを提供します。
このソリューションを活用することで、短期間かつ低コストでの導入が可能であるほか、Oracle PBCSに関する専門的な知識を習得せずとも、高度な運用ができ、お客様の要件に応じて、柔軟なカスタマイズが可能です。

 

 

【株式会社ジールに関して】
株式会社ジールは、BI分野における25年以上の経験に基づいた知見に加え、最新のビッグデータ技術を駆使した先進的なサービスをご提供しています。これからBIに取り組むお客様から、既存の分析から高度な分析へシフトされるお客様まで、「情報活用力」向上の実現をしっかりと支援します。2018年3月に東証一部に上場した株式会社アバントの100%子会社です。

 

社 名:   株式会社ジール
設 立:   2012年7月
代表者:   代表取締役社長 岡部 貴弘
URL:    https://www.zdh.co.jp/
主要業務:  ビジネスソリューションパッケージの開発・ライセンス販売・コンサルティングサービス・サポートサービス など
本社所在地: 東京都品川区上大崎2丁目13番17号 目黒東急ビル6階

 

 

【アバントグループに関して】
アバントグループは「経営情報を未来の地図に変えていく」をミッションとして掲げ、経営情報の「見える化」「使える化」「任せる化」の3本柱で、CIFO(CFOとCIOの業務)を支援するプロダクト及びサービスを提供する企業グループです。アバントをホールディングカンパニーとして、連結会計のディーバ、ビジネスインテリジェンスのジール、アウトソーシングのフィエルテを中心に、グループ5社で専門性の高いソリューションを提供しています。

 

<アバントグループ>
○株式会社アバント
○株式会社ディーバ
○株式会社ジール
○株式会社インターネットディスクロージャー
○株式会社フィエルテ
○DIVA CORPORATION OF AMERICA

 

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

ご相談・ジールに関するお
問い合わせはこちらから
contact

↑