公開日:2022年5月30日

更新日:2022年5月30日

使用例

台風の軌跡を見る。時間、地理座標、属性などを色や幅で表現します。

概要

下記グラフの作成手順を記載します。

詳細手順

ヒートマップは、下記手順に従って設定ください。

① 視覚化ウィンドウで「ヒートマップ」を選択

② Origin:[M_地図]テーブルの[from] をドラックアンドドロップ

③ Destination:[M_地図]テーブルの[to]をドラックアンドドロップ

④ Width:[M_地図]テーブルの[value]をドラックアンドドロップ

カスタムビジュアル ダウンロード先

 関連リンク

 

無料相談・お問い合わせ

新着記事